2011年10月29日

神戸港ワインド:Glorious Revolution

10/29

神戸港タチウオワインド。
前回朝に調子が良かった人工島外向きの水深のあるエリアで夕マズメにチャレンジ。

案の定夕方にはカタクチが入ってきて爆釣の予感。

とりあえずジグで入ってくる群れの先頭を狙いましたがなぜか小型でした。

DSC00553.JPG

暗くなり始め時合が来るかと思い頑張って投げ続けましたが
時合らしい時合はなく、マナティー75で一本のみ。

暗くなってから匠魚のワインドでヒットした魚はまあまあ太かったです。

DSC00554.JPG

この後は湾奥の様子も見て回りましたが
潮がいい感じの割に食わすことができず悔しい思いをしました。

魚は間違いなくいるのでまだまだ釣る方法はあるのでしょうね。

ロッド:Justace Shore Tachi TOP GUN 832
    Justace Shore Tachi TOP GUN 762M
    SOUL SHIP SS-832ws Mad Flow 83 WIND
リール:シマノ 10ステラC3000
    シマノ 07ステラC3000
    シマノ 07ステラC3000
ライン:よつあみ G-soul WX8 0.8号+サンライン 松田スペシャル競技 ブラックストリーム 6号+自作形状記憶ワイヤー
    よつあみ WX8 Geso-X 0.6号+シーガー グランドマックス 5号+自作形状記憶ワイヤー
    よつあみ G-soul WX8 0.8号+サンライン 松田スペシャル競技 ブラックストリーム 6号+NTスイベルブラックソフトワイヤー#48
ルアー:マナティー75+ZZヘッド5/8oz、匠魚75+ZZヘッド5/8oz、ZZ-STAP 30g

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
posted by ageha at 00:00 | Comment(0) | タチウオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

神戸港ワインド:Excalibur

10/28

朝マズメ狙いで神戸港へ。
新規開拓で南向きの水深のあるポイントに入ってみました。

タチウオ釣りにおいて水深というのは個人的に重要視しているポイントです。

もちろんどシャローに入ってくることも多いですけれどね。
鳴門では水深1.5mほどのとこでも釣ってますので。

夜が明ける前の4時半頃からスタート。

全くバイトがない時間が続きましたが、夜が明け始めた瞬間、
カタクチイワシが足下でナブラになりだし
タチウオとシーバスのスーパーボイルが始まりました。

なかなか脳汁が出まくる光景です。

タチウオは当然至近距離で入れ食いに。

DSC00550_r.jpg

ベイトサイズによる物だと思うのですが、
マナティーは75が断然反応が良かったです。

そしてタチウオのシャクリで食ってきた間抜けなシーバスちゃん。

DSC00551.JPG

短時間ですが入れ食いを堪能しました。

日が昇るにつれてイワシが沖へと出て行ったので
ジグの遠投で数匹追加して納竿としました。

ベイトサイズはこんな感じでした。

DSC00552.JPG

ルアーサイズは重要ですね。


ロッド:Justace Shore Tachi TOP GUN 762M
    SOUL SHIP SS-832ws Mad Flow 83 WIND
リール:シマノ 07ステラC3000
    シマノ 07ステラC3000
ライン:よつあみ WX8 Geso-X 0.6号+シーガー グランドマックス 5号+自作形状記憶ワイヤー
    よつあみ G-soul WX8 0.8号+サンライン 松田スペシャル競技 ブラックストリーム 6号+NTスイベルブラックソフトワイヤー#48
ルアー:マナティー75+ZZヘッド5/8oz、ZZ-STAP 30g

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
posted by ageha at 00:00 | Comment(0) | タチウオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

武庫一ワインド:Iskandar

10/27

武庫一でワインドタチウオ。

少し到着が遅くなってしまい駐車場は満杯。
なんとか一文字に渡してもらい、16時頃から実釣開始。

この日も釣れ出しは遅く、17時頃。
いきなり手前で釣れました。

DSC00548.JPG

時合に一文字際に寄ってくるのは間違いないのでしょうけど
ある程度前からそこにいるけど食い気がないだけなのか
それとも時合にならないと全く存在すらないのか謎です。

明るいうちはケイムラのピンクが反応良かったですが
時合は極端に短かったです。

暗くなってからは今日はばっちり匠魚に反応してくれ、
コンスタントにバイトがありました。

満潮の潮止まりだけ厳しかったですが、
19時頃になって潮が動き出すと再びバイトが頻発し、
結果的に16本キャッチとなりました。

暗くなってからのカラーは前回同様レッドヘッドに
ケミチューンが反応良かったです。

ロッド:Justace Shore Tachi TOP GUN 832
    Justace Shore Tachi TOP GUN 762M
    SOUL SHIP SS-832ws Mad Flow 83 WIND
リール:シマノ 10ステラC3000(途中からPE高切れの為07ステラC3000に変更)
    シマノ 07ステラC3000
    シマノ 07ステラC3000
ライン:よつあみ WX8 Geso-X 0.6号+シーガー グランドマックス 5号+自作形状記憶ワイヤー(上述の理由により途中からG-soul WX8 0.8号+ブラックストリーム6号+形状記憶ワイヤー)
    よつあみ WX8 Geso-X 0.6号+シーガー グランドマックス 5号+自作形状記憶ワイヤー
    よつあみ G-soul WX8 0.8号+サンライン 松田スペシャル競技 ブラックストリーム 6号+NTスイベルブラックソフトワイヤー#48
ルアー:マナティー90+ZZヘッド7/8oz、マナティー90+ZZヘッド5/8oz、匠魚75+ZZヘッド5/8oz、マナティー105+ZZヘッド3/4oz

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
posted by ageha at 00:00 | Comment(0) | タチウオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

武庫一/神戸港ワインド:came back again.

10/25-26

かなり久々の武庫一へタチウオ狙いで行ってきました。
若船長と再会を喜びながら一文字へ渡してもらいます。

15時半頃から黙々と投げ続けましたが釣れ出しは遅く、17時を過ぎてから。

周りが上がり始めたのにアタリがなかったので
ケイムラ・ファントムのラメにカラーチェンジするとフォールで食ってきました。

DSC00544.JPG

完全に暗くなるまではケイムラの前述のカラーやオレンジを
ローテーションすると反応がよかったです。

薄暗い時間帯はケイムラがしっかり食ってくるような気がします。

スレ対策で投げる距離や角度を微妙にズラし、
タチウオを調教しつつ釣って行きました。

完全に日が落ちてからは匠魚がいいかと思ったのですが、
今回はマナティーの方が反応がよかったです。
色はレッドヘッドが抜群にいい感じでした。

水が澄んでいたからかもしれないですね。

アタリのわりにバラシやフッキングミスが多かったので
上手な方ならもっと釣られると思います。

悪天候の為最終便が20時に変更になり、
13本のキャッチでした。

それからラーメンを食べた後、神戸港で気になっていた場所を
全て巡ってチェックしてきました。

最初に入った場所で速攻キャッチ。
ワームは武庫一からそのままのマナティー90のレッドヘッドです。

DSC00545.JPG

そこは釣れることがわかったので他の色んな場所を巡って
エサ釣りの方などから情報を収集し、少し仮眠。

一本釣れた場所で朝マズメをやってみます。

すると数投目でいきなりヒット。

DSC00546.JPG

明るくなってからは小さいイワシが足下で小規模なナブラになり、
タチウオのボイルも見られました。

それと同時に反応が悪くなったので
ベイトサイズによるものかもしれないと思い、
マナティーを75にしてみるとまた数匹釣れました。

それでも釣れなくなるとジグを遠投して一匹追加して終了としました。

朝は時合は短いですね。

結局このポイントでは夜中の1本と朝の7本でした。
中々熱そうな場所でした。

ロッド:Justace Shore Tachi TOP GUN 832
    Justace Shore Tachi TOP GUN 762M
    Justace Shore Winder 872MH
リール:シマノ 10ステラC3000
    シマノ 07ステラC3000
    シマノ 09ツインパワーSW 5000HG
ライン:よつあみ WX8 Geso-X 0.6号+シーガー グランドマックス 5号+自作形状記憶ワイヤー
    よつあみ G-soul WX8 0.8号+サンライン 松田スペシャル競技 ブラックストリーム 6号+自作形状記憶ワイヤー
    よつあみ GALISウルトラジグマンX8 1号+サンライン 松田スペシャル競技 ブラックストリーム 6号+NTスイベルブラックソフトワイヤー#48
ルアー:マナティー90+ZZヘッド5/8oz、マナティー75+ZZヘッド5/8oz、匠魚75+ZZヘッド3/4oz、スピードジグR40g

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
posted by ageha at 00:00 | Comment(0) | タチウオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

明石ジギング:SAWARA Chan

10/24

大阪のK's(ケイズ)さんで明石ジギング。

時合が朝早くということでまだ暗いうちから出船。
西を目指します。

最近西の方ではアジが取りにくいそうですが案の定苦戦。
でも僚船の方が少しわけて下さいました。
本当に有難う御座います。

とにかく時合真っ最中なのでアジ釣りはそこそこにしてすぐにポイントに向かいます。

状況としてはサワラ・メジロがタチウオの子を捕食しており、
シルバーのロングで釣れているようです。

偏食傾向にありアジの飲ませでは反応が悪いとのことでした。

タチウオパターンでの釣りがあまり経験がないので
色々船長に教えてもらいながらトライしてみます。

最初はスピニングのワンピッチで底から3シャクリ以内でジグを飛ばしつつ
探ってみるとファーストヒット。

しかしすぐにバレてしまいます。
捕食形態からか、長めのアシストでないとフッキングミスやバラシが多いとのことです。

そんなこんなで悩んでいると早速サワラにジグが持って行かれます・・

グレメタルを付けたい衝動を抑えながらジグをローテーション。

タチナロ150gで少し上まで、具体的に言うとジガー2000NRで8シャクリぐらいまで
探っているとサワラがヒット。

やはりメジロは底ベタでサワラは少し浮いているようです。

アシストラインもPE素材のものでしたが奇跡的に獲れました。

DSC00540.JPG

はき出したベイトのタチウオのサイズがジグと奇跡的に同じサイズでした。

少し上までしゃくるとサワラバイトが増えるのでバイトが欲しい自分は
自然と上までしゃくってしまい、再びサワラです。

DSC00541.JPG

本当にナイスなコンディションでこの時点で早く食べに帰りたくなっていました。

好調だったのですが次のバイトでヒットジグのタチナロ150gをロスト。

ここから迷宮入りの始まりで、その時合はそれで終了でした。

昼からの時合で飲ませをするのにアジが少し足りなかったので
頑張ってサビキをしてみましたが数匹しか確保できませんでした。

そして昼からの時合が始まりました。
まだ飲ませには潮が速かったのでジギングで頑張っていると、
ナガマサ180gでなんともう一本サワラを追加。

サワラの神が降りてきたようです。

今回は潮が速かったからか、底から立ち上げ一発目のしゃくりで食ってきました。

ヒット状況を分析するとジグが横を向いている時に食ってきているようなので
より楽に横を向く撃投ジグレベルの180gにチェンジしてみました。

するとついにベタ底でメジロさんをキャッチ。

DSC00542.JPG

正直サワラばかりで獲物的には嬉しいのですがメジロも釣りたかったので
かなり感動でした。

メジロを釣ろうと思うと確率的に底を重点的に攻めた方が良いようですね。

この時合で飲ませもやってみたのですが、
良い反応を通ってもアジがほとんど追われず、
魚がアジをベイトとして認識していない状況のようでした。

餌よりジグの方が釣れるパターンでしたね。

全員釣果的に大満足でしたのでこの時点で余裕の早上がりとしました。

DSC00543.JPG

なんとしてもサワラをタタキを食べたかったので
今回も豊中の丸十さんへ。

まずは軽くメジロの刺身盛り。
とはいえ明石のメジロは抜群に美味いですね。
ハラミは最高でした。

DCIM0055.JPG

そして待望のサワラのタタキ。
これはもう何とも言えません。
まさに筆舌に尽くしがたい旨さです。
舌の上でとろける上質の脂はもう魚類ではないです。
完全に肉の域、いやそれ以上でしょうか。
今年も様々な美味しい魚を食べてきましたがまあナンバー1ですね。

DCIM0056.JPG

今の明石のサワラは本当に最高なんですよね。
身のコンディションが尋常ではないです。

次にサワラの炙りの刺身。
美味すぎて口に入れた瞬間に笑みすら零れてしまいますね。

DCIM0058.JPG

そしてサワラの握り。
なかなか普段は食べることができない一品ですが、
これがまたふわっとして最高なんですよね。

まさに雲を食べているかのような食感です。
口に入れた瞬間じわっと溶けるように脂が溶けていくんですよね。

DCIM0059.JPG

他にサワラのしゃぶしゃぶやメジロの巻き寿司など最高の贅沢をさせて頂きました。
いつも感謝感激です。

〜サビキ〜
ロッド:alphatackle ALBATROSS FulaFula 180L
リール:アルデバラン Mg7左
道糸:よつあみ ウルトラジグマンX4 1号+シーガー FXR船5号
仕掛け:お買い得サビキ3号(ハリス0.6号)+オモリ25号

〜ジギング〜
ロッド:エバーグリーン ポセイドン スロージャーカー PSLJ603-3
リール:シマノ オシアジガーNR 2000
ライン:よつあみ ウルトラダイニーマ 2号+シーガー FXR船10号
ルアー:タチナロ150g、CB.ナガマサ180g、撃投ジグレベル180g

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
posted by ageha at 00:00 | Comment(0) | ジギング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

神戸港ワインド:GUILTY CROWN

10/23

とうとう三日連続で神戸港に立っていました。

15時頃現地に到着した時には既にタチウオが上がっていたので
急いで用意をしてキャストを開始しました。

少しワインドをやってみましたがいまいち反応がなかったので
一生懸命ジグを投げてみるとヒット。

DSC00535.JPG

前々日にバレてしまっていたのでフックサイズを
2番に上げておいたのが正解だったようです。

40g〜60gぐらいのジグを5000番のリールにPE1号ぐらいのタックルで投げると
軽く100mほど飛んでくれるのでまだ際によってきていない、
早い時間帯のタチウオを狙うのにはかなり武器になってくれそうです。

周りで近距離で上がりだしたのでワインドに変えてやってみますが
なぜか自分はバイトのみでなかなかフックアップしません。

カラーも一通り試してみましたが同じ状況。

仕方ないので黙々と投げ続けてるとやっと釣れました。

DSC00536.JPG

マナティー90のグローにケミチューンです。
僕はわりと早い時間帯からケミを入れるようにしていますが
それなりに効果があるような気がします。

地上ではまだ明るくても水中の照度は低いことが考えられますからね。
少しミスバイトが増えてきたりしたら入れるようにしています。

結構レンジがばらけていたのでショートロッドで小技を効かせつつ
色んな棚を探って少しずつ数を重ねていきました。

暗くなってからはマナティーではミスバイトが増えてきたので
前日同様匠魚にチェンジするとしっかりバイトしてきてくれ、
数匹追加することができました。

DSC00537.JPG

やはりトレーラーフックにかかっていることが多いのと、
匠魚でのミスバイトが明らかに減ったので匠魚でも
トレーラーは付けた方がいいみたいですね。

現時点ではできるだけ小型のシングルフックを装着しています。

この日のカラーは明るいうちはシルエット系もしくはケイムラ系、
暗くなってからは少し透明度が回復していたので
グローにケミチューンしたものが反応良かったです。

ロッド:Justace Shore Tachi TOP GUN 832
    Justace Shore Tachi TOP GUN 762M
    Justace Shore Winder 872MH
リール:シマノ 10ステラC3000
    シマノ 07ステラC3000
    シマノ 09ツインパワーSW 5000HG
ライン:よつあみ WX8 Geso-X 0.6号+シーガー グランドマックス 5号+自作形状記憶ワイヤー
    よつあみ G-soul WX8 0.8号+サンライン 松田スペシャル競技 ブラックストリーム 6号+自作ワイヤー
    よつあみ GALISウルトラジグマンX8 1号+シーガー グランドマックス 5号+NTスイベルブラックソフトワイヤー#48
ルアー:マナティー90+ZZヘッド5/8oz,3/4oz、匠魚75+ZZヘッド3/4oz 、ブランカ40g



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
posted by ageha at 00:00 | Comment(0) | タチウオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

神戸港ワインド:Memoria

10/22

前日の釣果があまりにも悔しかったので連続釣行。

ただ天候がとても悪く土砂降りの上に、
海も前日から荒れていた為か潮が酷く濁っていました。

16時頃からポイントに入りました。
すぐに中層で反応があり一本目。

DSC00533.JPG

徐々に昔の勘が戻ってきました。
ローライトということもあり、いきなり魚が浮いているようです。

シルエット系の色のワインドでパタパタと釣れましたが、
薄暗くなるにしたがい、アタリが止んでしまいました。

色々カラーを変えたり試行錯誤してみましたが厳しい状況でした。
昔やってたことを思い出したりしていると、
潮が濁っているのとローライトということで魚がルアーを見えてない、
もしくは追い切れてないのかもしれないと思いました。

そこでワームを匠魚へ、カラーも見えやすいパールホワイトに
ケミを挿入したものにチェンジすると案の定すぐにヒット。

DSC00534.JPG

前日の教訓を活かしきちんとトレーラーフックをつけておきました。

思えば昔武庫一に通っていた時もよくテールだけかみ切られたりしてましたからね。

その後も土砂降りの中頑張ってみましたが数匹追加できたのみで
爆釣にはほど遠い感じでした。

しかし前日よりは確実に魚の動きを感じられるようになっており、
完全復活の日は近いと思います。

ロッド:Justace Shore Tachi TOP GUN 832
リール:シマノ 10ステラC3000
ライン:よつあみ WX8 Geso-X 0.6号+シーガー グランドマックス 5号+自作形状記憶ワイヤー
ルアー:マナティー90+ZZヘッド5/8oz,3/4oz、匠魚75+ZZヘッド5/8oz,3/4oz

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
posted by ageha at 00:00 | Comment(0) | タチウオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

神戸港ワインド:Rebellion

10/21

かなり久しぶりに神戸港にワインドに行ってきました。
しかししゃくり方すら忘れている状態で相当苦戦しました。

最初はジグの方が釣れる気がしたのでジグで通していましたが
数回アタリがあった後に一発バラシて終了。

周りでワインドで上がっていたので昔の感覚を取り戻しながら
頑張ってみましたが数匹のみと悲しい釣果でした。

マナティー90グローとレッドヘッドのケミチューンにZZヘッド5/8ozでした。

暗くなってからは匠魚に変えてやってみましたが
のせきれないバイトのみ。
匠魚の場合もトレーラーフックを付けた方が良いのかもしれません。

しかし予想外にナイスな引きだったので驚きました。
ワインドでのタチウオのカウンターヒットが
こんなに痺れるものだったとはすっかり忘れていたようです。

DSC00532.JPG

買い物のついでのつもりだったんですがかなり火がついてしまいました。

ロッド:Justace Shore Tachi TOP GUN 832
リール:シマノ 10ステラC3000
ライン:よつあみ WX8 Geso-X 0.6号+シーガー グランドマックス 5号+自作形状記憶ワイヤー
ルアー:マナティー90+ZZヘッド5/8oz

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
posted by ageha at 00:00 | Comment(0) | タチウオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

明石ジギング:oath sign

10/18

大阪のK's(ケイズ)さんで明石ジギング&飲ませに行ってきました。

青物の他にタチウオやアオリ、アジもやる可能性が
あるとのことで色んなタックルを持参しました。

まずは飲ませ用のアジを確保・・・の予定だったのですが
予想に反しアジがかなり渋く結構粘ったものの
少々心許ないアジの量で挑むことになりました。

メジロポイントに到着し、とりあえず全員飲ませをやることに。
アジを落とすと速攻同行の方の竿が絞り込まれ、
無事メジロをキャッチされてました。

こちらも気合が入りますが、なかなかアタリがありません。
船長に仕掛けを見てもらうと、枝が長すぎたようです。

1ヒロとは言っても身長180cmオーバーの1ヒロでは少々長かったみたいですね。
というわけで矢引程度まで短くしてやってみるとアジの泳ぎがよくわかります。

この日のように潮が速い時は少し短めの枝の方が良いみたいですね。
潮が緩く活性の低い時は長めがいいこともあるそうです。

そんな話を聞きながら丁寧に駆け上がりの底をトレースしてくると
アジが不穏な動きをした後に竿が入ったのでフッキング。
飲ませはアジが逃げ惑ってから竿が入るまでのドキドキがたまりませんね。

ナイスファイトで本日一匹目のメジロをキャッチ。

仕掛けはPE3号に12号リーダーを結び、その先に三つ叉サルカンを接続、
一方には50cmほど8号ハリスをとって60号オモリ、
もう一方には矢引ほどこちらも8号ハリスをとり、
針はがまかつ/ヒラマサ・ブリ王の11号に餌ズレ防止用にケイムラビーズをつけた物を使用しました。

今回アジは鼻掛けで使用しました。

毎流しなんらかの反応があり、順調に二匹目のメジロもヒット。

しかし三回目のバイトはラインが船の下に入っていることに気づかず
フッキングを入れてしまい、船底に擦ってラインブレイク。
状況把握が未熟すぎますね。
反省です。

そしてとうとう最後のアジになり、全神経を集中させて泳がせていくと
どんどんどんっと3段階で穂先が入り三匹目のメジロちゃんゲットです。
これはかなり嬉しかったですね。

船長はちゃんとジグで一本上げておられました。

アジがあればまだまだ釣れそうだったのでアジを探しに行きましたが
残念ながらオヤビッチャとかウリボーとかメバルしか釣れず。
しかしアジってこんなに釣れない魚でしたっけ。

そんな感じなので諦めてツバス・ハマチのポイントへ。

食ってくるのは底から5m以内かつ、しゃくると釣れないという状況のようでした。

最初はリールを巻かずにボトムを跳ねさせるパターンで数匹キャッチしましたが、
しゃくらない早巻きで反応がよさそうだったので釣り方を変えることに。

こういう状況の為に船竿をカスタムして作ったペナペナのロッドの
「どんなにしゃくってもジグが動かない」という特性が真価を発揮します。

ジグが動くと釣れない時ってわりとありますからね。
既存の竿にはあんまりないんですよね。
こういう特性の竿だとタダ巻きでしか釣れない状況でもしゃくって釣れます。

まあやってることは同じなんですが巻くリズムなんかがとりやすいですし
やっぱりしゃくって釣れると楽しいですからね。

というわけでルカルカロッドとイカナゴパターンで強いチャートのジグが
炸裂してかなり楽しめました。

最後にスロージャーカー2ozとスロースキップVIBで
ロングフォールジャークしても釣れました。

イカナゴ食ってるパターンはなかなか面白いですね。

転流を迎えると反応がなくなったので納竿、、だったのですが
帰る途中でちょっとアジ情報があったので様子を見ることに。

するとなんと入れ食いでサビキにフルコンボ続出でした。
翌日の方の分を4-50匹速攻で釣っておきました。

朝あんなに苦労したのになんとも切なかったですね・・。

結果は二人で50Lクーラー満タンでした。

DSC00531.JPG

そして今回もおなじみ、豊中の丸十さんへ。

メジロよりハマチの方が脂がのっているとのことでしたが、
刺身で頂くとたしかにメジロの脂の乗りはMAXではないものの
程よい感じでGoodでした。

DCIM0046.JPG

たしかにイカナゴを食いまくったハマチは抜群にうまかったです。

そして珍しいメジロの薄造り。

DCIM0047.JPG

ポン酢と紅葉おろしで食べる鰤族の薄造りもなかなかどうして美味しかったです。

加えて鰤族といえば定番のしゃぶしゃぶ。

DCIM0048.JPG

不思議としゃぶしゃぶがよく合う魚ですね。

それから焼き物、煮物のカマ焼き、照り焼き、鰤大根の三連コンボ。

DCIM0050.JPG
DCIM0051.JPG
DCIM0052.JPG

どの料理も明石の魚を堪能でき最高でした。
大根好きにはやっぱり鰤大根はたまりませんね。

〜サビキ〜
ロッド:alphatackle ALBATROSS FulaFula 180L
リール:アルデバラン Mg7左
道糸:よつあみ ウルトラジグマンX4 1号+シーガー FXR船5号
仕掛け:お買い得サビキ3号(ハリス0.6号)+オモリ10号〜25号(25号メイン)

〜飲ませ〜
ロッド:ZENAQ フォキートWhippy FB62-Zero
リール:ダイワ ソルティガZ 30L
ライン:よつあみ ウルトラ2ダイニーマ3号 + シーガー FXR船12号
仕掛け:自作飲ませ仕掛け(ハリス8号、針11号)

〜ジギング〜
ロッド:オリジナル Ruka Zero Three 62-000 feat.巡音ルカ
    エバーグリーン ポセイドン スロージャーカー PSLJ603-2
リール:ダイワ セルテートHYPER CUSTOM 4000+オーシャンマーク3500スプール
    シマノ カルカッタコンクエスト 800F
ライン:よつあみ ウルトラジグマンX8 1.5号+シーガー FXR船6号
    よつあみ ウルトラダイニーマ 1.5号+シーガー FXR船6号
ルアー:VICTIM swimmer 78g、VICTIM Jr.70g、スロースキップVib95g、CB ONE Z4 80g

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
posted by ageha at 00:00 | Comment(2) | ジギング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

岡山鯛カブラ:Escape The Labyrinth

10/11

岡山の松本釣船2さんにて鯛カブラゲームに行ってきました。

ずっと迷宮入りしたままの鯛カブラですが、
今回は使用するカブラをがらっと変えてみました。

タングステンはやめ、鉛の遊動式のセブンスライドというカブラで通してみました。

DSC00526.JPG

まず最初に竿を曲げてくれたのはニベ。
マダイかと思ってかなりドキドキしました。

DSC00519.JPG

ほどなくしてついに本命のマダイのアタリが!
やはり遊動式の威力は絶大でばらすことなく無事タモにおさまったのは
レギュラーサイズのマダイでした。

DSC00521.JPG

最初はゴールド系のネクタイでやっていたのですが
アタリがあってもショートバイトになってきたので
グリーン系のネクタイにカラーローテーションすると一発でフッキング。

しかし塩焼きサイズでした。

DSC00522.JPG

丁度潮が止まりかけの時合のようでした。
前回松山に行ったときにマダイの時合の短さは身をもって実感していたので
すぐに再びカブラをフォールさせます。

するとナイスなアタリとファイトであがってきたのは
50cmクラスのグッドプロポーション。

DSC00523.JPG

この時合ではフォールで食ってきたりと、グリーンに好反応でした。

ベイトはアミのようで、他にピンク系もよくあたっていました。

しかしやはり時合は短く、渋い時間帯に。

船長に話を伺うと、シャローではオレンジ系が反応良いとのことでしたので、
浅場を狙っている時にビンビン玉チューニングネクタイのエビオレンジを
少しカットしたものをセブンスライドに装着してみました。

これがばっちり的中で一枚追加することができました。

DSC00524.JPG

反応があったネクタイはこのような感じです。

DSC00528.JPG

この日、フッキングに持ち込めた魚はバラシゼロと、
これまでの迷宮が嘘のような好調っぷりでした。

やはり遊動式の威力恐るべしと言ったところでしょうか。

針も細軸のチヌ針でしたが、全く伸びることはありませんでした。

エサ釣りでは問題ない鯛針が従来のカブラであれほどまでに伸びまくるのは
カブラのヘッドが固定されていることによって
遠心力で強い力がかかっているんでしょうね。

とにかく遊動式で針の問題だとか食い込みだとか色んな問題が解決されたように思います。

あと、フォール速度にも色々ありそうですね。
この間速すぎるのはよくないとコメントで教えて頂きましたが、
なんとなくその通りだと感じ始めています。

今回も釣った魚は抜群の鮮度のまま、庄内の丸十へ。

塩焼きサイズのマダイは塩焼きに。
このサイズを侮っていましたが塩焼きには最強でした。

DCIM0039.JPG

そしてメインの鯛しゃぶ。
締めの雑炊が絶品でした。
ええ出汁でます。

DCIM0041.JPG

で、姿造り。
この間食べた一晩おいたマダイとは舌触りが別物でした。
あの食感を楽しむなら鯛はなるべく早く食べた方がよさそうですね。
個人的にもあのざらっとした食感が好きなのでこれからは鮮度重視で食べようと思います。

DCIM0042.JPG

あら炊きを食べているとありました、通称泳ぎこぶ。
鳴門骨とも呼ばれるみたいです。

DCIM0045.JPG

諸説あるみたいですが、潮流の速いところに生息するマダイに
できるということしかはっきりとはわかってないようです。
間違いないのはこいつがある鯛は美味いということですね。

ロッド:オリジナル 真紅 Sync 63UL
リール:ダイワ RYOGA ベイジギング C1012PE-HWL+オーシャンマーク AG37Ca
ライン:よつあみ ウルトラジグマンX4 1号+シーガー FXR船5号
ルアー:セブンスライド 60g

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
posted by ageha at 00:00 | Comment(2) | 鯛ラバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

日本海ショアジギング:Final Day

10/9

日本海ショアジギング四日目。
この日はやっと狙いの磯に渡ることができました。

自分とyamaoちゃんきっきさんカシラ殿
たまたまお会いした猛闘犬丸の土佐さんとお連れ様の総勢6名で大きな磯に上陸。

ほぼトップのみで必死に投げ続けます。

DSC00518.JPG

たまにベイトが目視でき、ターゲットのヒラマサは
小さめのサヨリを捕食しているようです。

ファーストバイトはミノぺん丸16F-MG。
ルアーの後ろでどでかい波紋が立ちました。

水面が静かでγだと不自然な感じがしたので
ローレスポンスなプラグを使用したのがよかったみたいです。

はるか沖ではずっとナブラが立っていて潮もいい感じです。

少し波気がでてくるとγ45にローテーションすると
再びルアーの後ろにバイト。

やはり15-6cmのルアーに反応がいいようです。

しかしこの日はそれっきり。

全員1-2回は魚の反応があったようですが、
海が静かすぎてルアーを見切っていたのかもしれませんね。

しかし苦労して得たバイトはとても興奮しました。

もう一日延長しようかと思いましたが、
翌日から再び荒れそうなので一旦帰宅することにしました。

たくさんの出会いがあり釣果はでませんでしたが
とても楽しかったです。

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
posted by ageha at 00:00 | Comment(0) | ショアジギング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

日本海ショアジギング:Day-3

10/8

日本海ショアジギング三日目。

朝から磯を見に行ってみましたが
立てる位置も少なく、少しの間トップを投げたものの
釣りが成立する状況ではなかったので
朝食後に一文字に渡してもらいました。

三日間の中で一番魚っけがあり、
釣れそうな状況でしたが魚の反応はなかなかなく、
元気なのはモジャコのみ。

DSC00517.JPG

昼からはきっきさんyamaoちゃんと合流。

しかし魚からの反応は・・・

波も少し落ち着いてきて遥か彼方でマグロが跳ねたり、
寝ている間にナブラがあったりと状況はよくなってきているようなので
この日が最終日の予定だったのをもう一泊することにしました。

ロッド:MCワークス レイジングブル XF-1
リール:シマノ 08ステラSW 8000HG+10000スプール
ライン:よつあみ ウルトラジグマンX8 4号+シーガー FXR船16号
ルアー:撃投ジグ 105g

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
posted by ageha at 00:00 | Comment(0) | ショアジギング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

日本海ショアジギング:Day-2

10/7

日本海ショアジギング二日目。

前日午後より吹き始めた北風は風速10mを超え、
前日の磯は厳しい状況でした。

午前中は待機してみましたが状況が変わる様子もないので、
まだなんとか渡ることのできる沖一文字で実釣開始。

しばらくトップを投げましたが反応はなし。

心折れてエギをキャストするとイカは全くついてきませんが
足下で何か魚がバイトしてきました。

再度キャストしてダートさせるとモジャコくん。

ジグでもキャッチ。

DSC00514.JPG

とってもかわいいサイズです。

それからはジグを投げ続けましたが
たまにくるモジャコのアタリにどきっとさせられるだけでした。

日が暮れてからはまたまたエギングへ。

相変わらず厳しい状況でしたが2杯だけ釣って納竿としました。

DSC00515.JPG

〜ショアジギタックル〜
ロッド:MCワークス レイジングブル XF-1
リール:シマノ 08ステラSW 8000HG+10000スプール
ライン:よつあみ ウルトラジグマンX8 4号+シーガー FXR船16号
ルアー:撃投ジグ 85g

〜エギングタックル〜
ロッド:エバーグリーン スキッドロウ・インペリアル SIMS-90L“スラックマスター90”
リール:シマノ 10ステラC3000 + メガテック ウィング98 さくらリミテッド
ライン:よつあみ WX8 Geso-X 0.6号 + サンライン 松田スペシャル競技 ブラックストリーム 2号
ルアー:アオリーQ 3号

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
posted by ageha at 00:00 | Comment(0) | ショアジギング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

日本海ショアジギング:Day-1

10/6

日本海の磯へ泊まりがけで出撃。
今回はショアジギング目的でカシラ殿と一緒に行ってきました。

現地に到着し早速用意をして磯へ。

しかし北風が吹き始めており最初は立てた足場も
波をかぶるようになってきました。

夕マズメまでキャストを続けましたが魚からの反応も得られず・・。

夜に少しエギング&シーバスにチャレンジ。

シーバスがボイルしていたので少しミノーを投げてみましたが
見向きもされませんでした。

エギングも好調とは言えず数杯キャッチしたのみでした。

DSC00513.JPG

〜エギングタックル〜
ロッド:エバーグリーン スキッドロウ・インペリアル SIMS-90L“スラックマスター90”
リール:シマノ 10ステラC3000 + メガテック ウィング98 さくらリミテッド
ライン:よつあみ WX8 Geso-X 0.6号 + サンライン 松田スペシャル競技 ブラックストリーム 2号
ルアー:エギ王Q LIVE 3号

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
posted by ageha at 00:00 | Comment(0) | ショアジギング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

香川鯛カブラ:Thousand Enemies

10/4

香川の惠優丸さんで鯛カブラ釣行。

しばらく走って島周りの浅場の駆け上がりから流し始めると、
早速ファーストバイト!

しかし今回もバラシからスタート。

気を取り直して頑張りますが、
頻繁にアタリがあるもののフッキングまで至らず。

今回はザイロンX15号に伊勢尼14号でフックを作ってきたのですが、
それが悪いのかと疑ってみたり。

DSC00510.JPG

その後、こんな小さなチャリコが2匹も釣れたので
フックシステムに問題はないと思うのですが・・。

DSC00512.JPG

昼間はなかなかアタリがない時間が続きました。
一度フッキングに持ち込んだものの、
やりとりの最中にバラシ。

夕方になり、反応が浮いてきて明らかに時合到来。
そんな中再度フッキングまで持ち込めましたが
これもバラシ。

今のファイトスタイルはドラグを適切に設定しておいて
アタリがあったらドラグが出ようがとにかく
一定に巻くように心掛けているのですが、
完全に乗った後にアワセをいれた方がいいのかと悩みます。

船長にも相談してみましたが、この日は最近ないぐらい
特に活性が悪かったようですので
あまりに気にしない方がいいかもしれません。

色々課題点も見えてきたのでまだまだ通います。

ロッド:オリジナル 真紅 Sync 63UL
    ゼニス 零式 Light G-Top 60UL
リール:ダイワ RYOGA ベイジギング C1012PE-HWL+夢屋アルミラウンドノブM
    ダイワ ミリオネアベイキャスティングSP 103L+オーシャンマークハンドル
ライン:よつあみ ウルトラジグマンX4 1号+シーガー FXR船5号
    よつあみ ウルトラジグマンX4 0.8号+シーガー FXR船5号
ルアー:職人鯛カブラTG 60g

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
posted by ageha at 00:00 | Comment(2) | 鯛ラバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

若狭ボートエギング:Lion

10/2

若狭周辺でKYOさんとそのお連れ様とボートエギング。
25馬力のエンジン船をレンタルしました。

少しうねりが残り風も安定しなかったので
風裏を中心にゲーム展開しました。

3号で底が取れる範囲の駆け上がりを探っていくと
朝から好調にヒット!

DSC00507.JPG

やはりうねりがきつい場所は底荒れしていて反応が薄いので
とにかく波が静かな場所を探して移動を繰り返しました。

わりとましな型も結構混じってきます。

DSC00509.JPG

なかなかこの日は一つのポイントで釣れ続かず、
昼上がりの予定だったので最後のポイントへ。

そこでやっと入れ乗りになり、
気持ちよく終わることができました。

ロッド:カンジインターナショナル CN-86sense
リール:シマノ 10ステラC3000 + メガテック ウィング98 さくらリミテッド
ライン:よつあみ WX8 Geso-X 0.6号 + サンライン 松田スペシャル競技 ブラックストリーム 2号
ルアー:各種エギ 3号

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
posted by ageha at 00:00 | Comment(2) | エギング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。