2012年04月19日

トカラGT:Final Day

4/19

トカラGT最終日。
なんとかサイズアップしたく奮闘してきました。

前日夜遅くより発達した前線は雨を伴ってトカラ列島上空に位置していました。
風向きも良くない向きに強く、風と潮の条件が合いません。

最初のポイントでパンドラにバイトがありましたが一瞬ファイトの後バレてしまいました。
歯車が噛み合わない時というのは本当に噛み合わないものです。

徐々に天候が悪化していく中、タイムリミットも近づきます。

そんな中訪れたポイントでパンドラに水中バイトが。
続いてのキャストで水面に浮上したパンドラを追っかけて足下でバイト。
また次のキャストでパンドラが水面に浮上した瞬間にバイトと、
3連続でフッキングこそしなかったもののGTのバイトがありました。

次のバイトでやっと乗ったと思ったらスマガツオでした。
いつもは嬉しい美味しい魚もこの日は速攻でランディングして次のキャストに移ります。

そしてまたパンドラでフォールバイトがありましたがまたしてもフックアップせず。
諦めずにそのまま動かしてくると追い食いしてきて今度こそフッキングに成功。

しかし悪い流れという大きな力に抗うことはできませんでした。
何の因果か走り出したGTに今釣行二度目の高切れ。

ただただ己の力不足が悔やまれます。
最後までGTとはリズムが合わずに終わってしまいました。

もっともっと精進して再びこの地に立ちたい、そう願って今回のGT釣行は終幕を迎えました。

ロッド:カーペンター エンドレスパッション EP85/36
リール:シマノ 08ステラSW 18000HG+20000パワードラグスプール
ライン:よつあみ ウルトラキャストマンX8 8号+プロセレ ナノダックスキャスティングショックリーダー 170lb(41号)+マンユウ80号(30cm程)
ルアー:パンドラ PD 155



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
posted by ageha at 00:00 | Comment(0) | GT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

トカラGT:3rd Day

4/18

トカラGT3日目。

前二日にも増してサメが多く、ルアーの数がどんどん少なくなっていきます。
午前中にキハダが2本釣れましたが眼中になく、GTを求めてキャストを繰り返します。

途中、カマスサワラ(ワフー)が釣れたぐらいで、潮が緩い為かなかなか反応がありません。

巡り巡って最後のシャローのポイントで水面が割れましたがまたしてもキハダ・・

隣ではGTが釣れていたので何かが違うようです。

Somethingを求めて最終日に全身全霊で挑みます。

ロッド:カーペンター エンドレスパッション EP85/36
    カーペンター モンスターハンター MH80H
リール:シマノ 08ステラSW 18000HG+20000パワードラグスプール
    シマノ 08ステラSW 18000HG+20000パワードラグスプール
ライン:よつあみ ウルトラジグマンX8 8号+プロセレ ナノダックスキャスティングショックリーダー 170lb(41号)+マンユウ80号(30cm程)
    よつあみ ウルトラダイニーマ 10号+プロセレ ナノダックスキャスティングショックリーダー 210lb(50号)+マンユウ80号(30cm程)
ルアー:GT-γ160H、パンドラ PD 155+30、パンドラ PD 155

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
posted by ageha at 00:00 | Comment(0) | GT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

トカラGT:2nd Day

4/17

トカラGT2日目。

この日も朝から各所を探っていきます。

浅場のポイントでサメにパンドラを取られた後、
γ160ディアブロにGTのバイトがありましたが
これまた残念ながらフッキングに至りませんでした。

めげずにピンポイントを攻めているとやっとGTが出てフッキングに成功!

024.JPG

5kgと少しばかり小型ではありましたがまずは一匹、嬉しかったです。
GT-γ160Hでした。

025.JPG

気をよくしてそれから何カ所目かのポイントで投げているとバラクーダ(オニカマス)が登場。

033.JPG

パンドラはほんと色々釣れます。

また別のポイントでパンドラを投げて巻いていると強烈なバイト。
水深はありましたがスプールからラインが出っぱなしで止まらないので
PE10号を信じてスプールを押さえて応戦しますが全く止まる気配はありません。

P1020977.JPG

グローブが焦げる臭いがしてきたのでドラグノブを増し締めするとなんとか止まってくれました。

そこからマイペースでゆっくりリフトしていきます。
竿が強いのと懸念していたヘルニア対策で腰をコルセットでグルグル巻きにしていたのが功を奏し
やっとでかい魚体が水面に横たわりました。

残念ながらGTではなかったですが、120lbオーバーとなる55kgのイソマグロでした。

038.JPG

ファイト後のドラグ値を計測すると約16kgでした。
高負荷でのファイトが本当に少しずつではありますが身についてきたような気がします。

P1020991_r.jpg

竿はMonster Hunter 80H。
まさにモンスターハントです。

腰も全く支障はなく、次の流しからキャストを再開できました。

夕方、パンドラでGTっぽいバイトがありましたが
その少し前にダツがすごく多かったポイントでPEを噛まれていた為か
残念ながら高切れしてしまいました。

なかなかGTとはリズムが噛み合いませんがめげずに3日目への闘志を燃やして宿へと向かいました。


ロッド:カーペンター エンドレスパッション EP85/36
    カーペンター モンスターハンター MH80H
リール:シマノ 08ステラSW 18000HG+20000パワードラグスプール
    シマノ 08ステラSW 18000HG+20000パワードラグスプール
ライン:よつあみ ウルトラジグマンX8 8号+プロセレ ナノダックスキャスティングショックリーダー 170lb(41号)+マンユウ80号(30cm程)
    よつあみ ウルトラダイニーマ 10号+プロセレ ナノダックスキャスティングショックリーダー 210lb(50号)+マンユウ80号(30cm程)
ルアー:GT-γ160H、パンドラ PD 155+30


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
posted by ageha at 00:00 | Comment(0) | GT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

トカラGT:1st Day

4/16

年に一度のトカラGT遠征に行ってきました。
今回も奄美のビッグディッパーさんにて3泊4日の日程で釣行してきました。

今回は前日の昼より現地入りしていたので、夜まで入念に準備をして翌朝から出港となりました。

各所でキャストを繰り返しましたが、風と潮が合わない為かなかなか本命が出て来ません。

GT以外の魚は色々と反応し、中でもサメが多かったです。

最後のポイントでパンドラ155+30で何かがヒット。

P1020817.JPG

プルプルしていたのでそうだろうと思っていましたが案の定キハダちゃんでした。

P1020829.JPG

薄暗くなってきた頃、ルアーが見えないのでγ160のクマノミにチェンジして探っていると
水面ででかいGTがバイト!

しかし残念ながらフックアップせず。

その後も一発出たのですがその後出たサメにルアーは持って行かれてしまいました。

潮と風が合えばすごいことになりそうな予感を胸にその日の釣行は幕を閉じました。


ロッド:カーペンター エンドレスパッション EP85/36
リール:シマノ 08ステラSW 18000HG+20000パワードラグスプール
ライン:よつあみ ウルトラジグマンX8 8号+プロセレ ナノダックスキャスティングショックリーダー 170lb(41号)+マンユウ80号(30cm程)
ルアー:パンドラ PD 155+30



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
posted by ageha at 00:00 | Comment(0) | GT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

すさみカツオキャスティング:Skipjack

4/2

和歌山県南紀、周参見港から出港の第八大洋丸さんにて
回遊魚を狙って沖合いに行ってきました。

丁度紀伊半島の山々の頂から太陽が顔を覗かすのと同時に港から出て行きます。

DSC00811.JPG

まず朝一はシオ〜カンパチ狙いのジギング。
しかし潮が殆ど動いておらずノーバイト。

ジグを動かした時の水絡みがとても釣れそうな感じではなかったので船室でしばし爆睡。
起きるといつのまにか沖へ向かっていたようで陸が見えなくなっていました。

しばらく走るとナブラに遭遇しました。
様々なルアーやアクションを試していると、
ブルーイールを水面でスキップさせるように動かした時にバイトしてきました。

独特の引きで抵抗を見せたのは4-5kgのカツオさんでした。

DSC00812.JPG

しばらくの間ナブラは続きましたが流れ藻につくモジャコを捕食している為か、
ルアーに見向きもされないもどかしい時間が続きます。

埒があかないので違うナブラを探すことにして、
そのナブラは諦めました。

もっと食いそうなもんでしたが残念でした。

またナブラを探して走っていると、今度はキハダ混じりのナブラを発見。

再びブルーイールを水面でスキップさせると水面が割れました。

えげつない走りを見せ、船に近づく度に何回もラインを引き出したのは
8kgオーバーの大判カツオでした。

DSC00816.JPG

フットボールのような丸々とした体型の美しい魚体です。

DSC00820.JPG

ベイトが小さい為か、ルアーを水中に入れるより水面で動かして
飛沫でシルエットをごまかしてやったのがよかったような気がします。

この魚とのファイト中にたぶん20kgクラスはありそうなキハダのボイルがあったのですが
ファイト中の為どうすることもできませんでした。

キハダはまた次の機会に持ち越しですね。

その後はカツオのナブラは見つからず、代わりに鯖が入れ食いになる場所がありました。
ジギングで入れ食いでしたが少し痩せていました。

最後に浅場で夕マズメのシオ、カンパチ狙いをやりましたが
朝と同様潮が悪く何も食いませんでした。

トップでカツオを2匹も釣ることができて非常に楽しい釣行でした。

〜キャスティング用タックル〜
ロッド:カーペンター BLC83/13
リール:シマノ 08ステラSW 5000XG
ライン:よつあみ ウルトラジグマンX8 2号+プロセレ ナノダックスキャスティングショックリーダー 50lb(11号)
ルアー:ブルーイール BE30-130

〜ジギング用タックル〜
ロッド:エバーグリーン ポセイドン スロージャーカー PSLJ603-3
リール:シマノ オシアジガーNR 2000
ライン:よつあみ ウルトラダイニーマ 2号+シーガー FXR船8号
ルアー:ウォークレイ 160g



今回釣ったカツオはいつもお世話になっている、
京都市伏見区向島の居酒屋権太さんにて調理して頂きました。

まずはシンプルにお刺身で。
旬の筍も添えて頂きました。

DCF00100.JPG

そしてカツオといえば絶対外せないタタキ。
カツオがニンニクで完全に埋もれていたので少し掘り起こしました。
翌日のことなどおかまいなしに大量のニンニクと共にガツガツといきました。
よく脂ものっており本当に最高でした。

DCF00103.JPG

そして唐揚げ。
鶏と間違うほどくせのない、そしてヘルシーな唐揚げでした。
マグロやカツオの缶詰をシーチキンとはよく言ったもので、
火を通すと本当にチキンのようです。
すぐに全部食べてしまいました。

DCF00104.JPG

ちょっと口直しに山かけ鰹。
マグロではよくやりますがカツオでもなかなかどうして美味しかったです。

DCF00105.JPG

そして炙りの刺身。
これは生姜醤油とネギで頂きました。
またカツオという魚は生姜がよく合います。

DCF00106.JPG

以前ブリでもやって頂いた、ネギマ串です。
辛めのネギがカツオの旨みを引き立てていました。

DCF00107.JPG

宴も終盤に近づき、カマ焼きを。
いつも思いますがカマの部分は本当に美味しいです。

DCF00108.JPG

そして最後にカツオツミレ団子の入った鍋。
臭みが全くなく、カツオ料理のニュージェネレーションでした。

ご飯物一切なしで全員カツオのみでお腹いっぱいになるという
すごく贅沢なカツオパーティでした!

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
posted by ageha at 00:00 | Comment(0) | キャスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。