2014年02月28日

南紀尺メバル

2/27-28

前日に引き続き南紀で尺メバル狙い。

夕マズメから朝マズメにかけて狙います。
27日16時頃満潮で23時頃に底、翌明け方に満潮の潮です。

まずは夕マズメから下げで狙います。
一日雨が降り続いたので川の影響がある場所は濁りが入っており
うねりもあったので影響を受けにくい前日と同じ場所へと入りました。

下げでのパターンを探ろうと思い実績ポイントは同行者に譲りサーフ周りを探り歩いていきました。

フロート大遠投で広範囲にサーチしていくと20〜25cmほどの小型はポロポロと釣れますが
尺のパターンではない感じでした。

しかし攻め方によっては可能性がありそうだと感じ、気になったのでまた後で入りなおすことにしました。

実績磯に戻ると友人たちはきっちり尺を釣っておりました。
下げでも食うことは食うようです。
しかし満潮で差してきた時の爆発力には劣りますね。

各所ランガンして様子をみてみますが濁りの影響がかなりきつく、
あちこち放浪した挙句結局最初のポイントに戻ってきました。

実績磯を再びやりますが流石に叩き過ぎている為か反応がなかったので
先ほど気になっていたサーフに再び挑戦します。

沖に入っているシモリに対して丁寧にアプローチすると泣き尺が連発し始めました。

IMG_0770.JPG
IMG_0771.JPG
IMG_0773.JPG

こちらでは珍しいブルーバックっぽい魚も釣れました。

IMG_0772.JPG

そして底にスリット状の磯が入っているポイントで尺っぽい魚のバイトがありました。
残念ながらバレてしまいましたが俄然やる気になります。

そしてシャローのサーフで立ち位置が低いことと、
底がスリット状の磯なので掛けたらゴリ巻きで強引なやりとりをすることを心がけると
ついに新しいパターンでの尺、32.5cmをキャッチです。

IMG_0774.JPG
IMG_0775.JPG

ピン撃ちではなく次々と魚が差してくる為か移動せずとも次々とバイトがあります。

IMG_0779.JPG

泣き尺が多いですが中からさらに31.5cmも追加。

IMG_0780.JPG
IMG_0781.JPG

そして明け方を迎えて終了としました。

しかしバラシがかなり多いです。
より強引にやり取りする為には現在使用している2000番のリールでは弱すぎます。
次回からリーダーも2号に上げ、リールの番手も上げます。
ロッドもより強くしないとシャローでは獲れないかもしれません。

とにかく隙を少しでも見せるとだめですね。

サーフでの時合は魚の入ってくる満潮の前後が良いようでした。


ロッド:カンジインターナショナル Clicks CLAP80 sensitive
リール:シマノ 10ステラ2000
ライン:サンライン スモールゲームPE 0.4号 + シーガーグランドマックス 1.5号
ルアー:カッティングベイトハード2in フロートリグ(Fシステム)+0.5gジグヘッド

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
posted by ageha at 00:00 | Comment(0) | 尺メバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月27日

南紀尺メバル

2/27

南紀に尺メバル狙いで釣行してきました。
今回は友人2人に尺を釣ってもらう為の釣行です。

午前3時頃現地に到着し、明け方までの数時間狙います。
潮は5時頃満潮ですので上げメインとなりよさそうです。

時間もあまりないので土砂降りの中、
実績のある磯周りを狙っていくと同行者に尺がヒット。
さらにもう一人の同行者にも続けて尺ヒットでとりあえず目的は達成です。

自分は泣き尺がポロポロとヒット。

IMG_0740.JPG
IMG_0750.JPG

手前のポイントは同行者の為に温存しておき、
沖のシモリをフロートで狙っていくと33cmをキャッチ。

IMG_0753.JPG
IMG_0755.JPG

ラパラで尺を釣っておきたかったのでCDL5にチェンジして
探っていくと31.5cmがヒット。
悲願達成です。

IMG_0766.JPG

満潮からの下げはやはり反応がなくなってしまいました。

夜が明けて明るくなってからプラグにバイトがあったので
デイのパターンも構築していきたいですね。


ロッド:カンジインターナショナル Clicks CLAP80 sensitive
リール:シマノ 10ステラ2000
ライン:サンライン スモールゲームPE 0.4号 + シーガーグランドマックス 1.5号
ルアー:カッティングベイトハード2in フロートリグ(Fシステム)+0.5gジグヘッド
    ラパラ CDL5

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
posted by ageha at 00:00 | Comment(0) | 尺メバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

南紀マグロキャスティング&ジギング

2/25

この日は鳥羽でシーバスの予定でしたが群れが抜けてしまったようなので
急遽ビンチョウが好調な南紀すさみの第八大洋丸さんにてキャスティング&ジギングに行ってきました。

親父さんの船で朝から沖出ししますがしばらく異常なしな時間が続きます。

随分と流したころ、フリッツにペンペンがヒットしますが
GTロッドで掛けた為ティップしか曲がらずでした。

沖がだめそうなので沿岸部でジギングしますが潮0ノット、ガシラも釣れずでした。

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
posted by ageha at 00:00 | Comment(0) | マグロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

南紀尺メバル

2/22-23

少し予定が空いたので一晩だけ南紀に尺メバル狙いで行ってきました。

前回33cmが釣れた磯の先端のポイントから始めます。
前回釣れた岩では反応がなかったので近くにある同条件の岩に対してアプローチ。

案の定尺と思われる引きの魚が食ってきたのですぐにロッドを思いっきり立てて
バットを使い根から引きはがし、ドラグはガチガチに締めこんであるので
突っ込みに対してはいなして対応、危なげないやりとりでランディングに持ち込んだのは
自己レコードとなる33.5cnでした。

IMG_0708.JPG
IMG_0712.JPG

徐々に尺が釣れる条件が分かってきたように思います。

付近をくまなく撃っていきましたが反応がなかったので同エリアにある同条件の場所へ。
波があまりなかったので少しでも磯に波があたっている場所を丁寧に撃っていくと
ジグヘッドで23cm、26cnと二発。

IMG_0717.JPG
IMG_0719.JPG

そして磯の際のボトムをスローに引いてくるとギリギリサイズではありますが
30.5cmの尺。

IMG_0721.JPG
IMG_0724.JPG

なんとなくプラグで釣れそうな気がしたのでラパラ・カウントダウンリップレスの5cmをセレクト。

表層をスローに引いてくるとフックアップしませんでしたがコツンとアタリがありいけると確信。
集中して攻めると激しいバイト。
突っ込みから尺あるかと思いましたが残念ながら泣き尺の29cmでした。

IMG_0729.JPG

サイズよりもラパラで釣れたのがうれしかったです。

そしてさらに27cmも追加。

IMG_0735.JPG

ラパラで釣りたかったというのもあるのですが、
バルサにしか出せない動きはかなりの戦闘能力です。

そのあと同エリアの違うポイントで国産プラ製シンペンも試しましたがノーバイトでした。
惜しむらくはコンスタンギーゴで釣りたかったのですが・・。

まだいそうな気がしたのでジグヘッドで変えて28cmを追加。

IMG_0739.JPG

満潮潮どまりを迎えると反応もなくなったのであちこち新規開拓。

しかし下げの潮が影響しているのが、同じ頃水平線上から頭を出した月の影響かはわかりませんが
朝までなかなか反応が得られないまま時間が過ぎていきました。

下げの時間帯で釣れたのは20cmちょいの魚一本だけでした。

4時36分に干潮を迎え、そこからの上げを実績ポイントに賭けましたが反応はありませんでした。
その晩の最大干潮からの上げでないとだめなのかもしれません。

この日のタイドグラフは以下のような感じだったのですが、
アタリが集中したのは日没から満潮までの間でした。

Screenshot_2014-02-24-15-36-46.jpg

前回の結果と照らし合わせると日没から日の出までの間の
もっとも潮位が低い時刻からの上げがいいのかもしれません。

もっとデータが必要なので釣行を重ねないとなんとも言えないですけれど。

ロッド:カンジインターナショナル Clicks CLAP80 sensitive
リール:シマノ 10ステラ2000
ライン:サンライン スモールゲームPE 0.4号 + シーガーグランドマックス 1.5号
ルアー:カッティングベイトハード2in ジグヘッド
    ラパラ CDL5

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
posted by ageha at 00:00 | Comment(2) | 尺メバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

南紀尺メバル

2/19-20

前日から引き続き南紀の尺メバル狙い。
さらなる尺を求めあちこち探ってきました。

まずは前日尺が出たエリアから日没よりスタート。

フロートで水の淀んだ箇所の表層をチェックすると20cmちょいのメバル。

IMG_0694.JPG

やはり水の淀むところはサイズが落ちます。
というわけで磯のスリット絡みで波が砕けているポイントを撃つと27cm。
この魚の前に尺がありそうな魚を掛けるも瞬殺されてしまいました。

躊躇せず根から引きはがさないとだめですね。

IMG_0696.JPG

ワームのカラーをグローピンクにローテーションして再び27cm。

IMG_0697.JPG

後が続かず一通り攻め終えたので南下しつつ各所を攻めていきました。
しかしあちこち開拓しましたが芳しくないまま、
前日尺が出た潮のタイミングで再び最初の場所へと戻ってきました。

前日釣れたピンからは外し、同じエリアの磯の先端で似た条件の場所を撃つことにしました。
磯の波が当たる側にできた軽いサラシの際を通してくると予想通りバイト!

でかいメバルを見すぎたせいか、あまり大きくないと思って抜きあげたのですがまさかの
今釣行最大の33cmでした。

IMG_0700.JPG
IMG_0704.JPG

ある程度水深(1〜2m)があり、満潮でも沈まない磯の際というのがキーのようです。
思うに、尺メバルはヒラスズキとniche(生態的地位)がある程度被っており、
似たような条件にいるのですがヒラと尺ではヒラの方が上位にいる為に、
ニュアンスが難しいのですがヒラを狙うには少ししょぼいような、
若干奥まった場所のサラシにいるのだと思います。

加えて、沈み根よりも満潮でも沈まない磯の方がメバルの餌となり得る甲殻類が多いのかもしれません。
想像の域を出ませんが今後同条件を探っていき検証してみたいですね。

明け方に25cmクラスを2匹追加しましたが子メバルにしか見えませんでした。

IMG_0705.JPG
IMG_0706.JPG

釣れるといわれるワームや釣れそうなワームはすべて購入して試してきましたが
ことジグヘッドにおけるメバル釣りにおいて自分の釣り方には
カッティングベイトのハードに敵うワームはないようです。

その深いリブと素材の固さによるアピール力。
リブによってバイト時に折りたたまれるために素材の固さからは意外とも思えるフッキング率。
そして何よりもカラーが素晴らしすぎます。
愛し続けて8年ほどになりますが未だにこれを超えるワームに出会えてないのが事実です。

ロッド:カンジインターナショナル Clicks CLAP80 sensitive
リール:シマノ 10ステラ2000
ライン:サンライン スモールゲームPE 0.4号 + シーガーグランドマックス 1.5号
ルアー:カッティングベイトハード2in ジグヘッド
    カッティングベイトハード2in フロートリグ(Fシステム)+0.5gジグヘッド

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
posted by ageha at 00:00 | Comment(0) | 尺メバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

南紀尺メバル

2/18-19

前回苦汁をなめる結果となった南紀の尺メバルに再び挑んできました。

まずは前回唯一反応のあった串本エリアにてスタート。
波も比較的穏やかで釣れそうです。
すると数投目でいきなり24cmがヒット。

IMG_0668.JPG

後が続かなかったので紀伊半島東面を北上していきます。

明かりの絡む湾内のポイントにてシラスにライズが確認できたので表層をひいてみると23cm。

IMG_0671.JPG

少し時間を費やしましたが尺が出る気配ではないのでさらに北上。

予め空撮で目星をつけていたエリアへとやってきました。
まずは足元の捨石の際をトレースするとすぐに21cmがヒット。

魚は小さいながらも不思議と気配がしたのでこのポイントで朝まで粘ることにしました。

風が強くなってきており、風裏となる面をせめていきましたが釣れども釣れども
20cmを少し超すサイズばかり。

ここで考え方を変えて風表となる面をせめていきました。
テトラ際をトレースすると強烈なアタリがあり、ゴンゴンゴンと締めこんだ後ラインブレイク。

今まで経験したことのない引きで尺はありそうでした。
これまでのファイトでは通用しないことを痛感させられました。
ドラグ値を上げて次に挑みます。

同じような条件を撃っていきますがなかなか反応が得られないまま時間ばかりが過ぎていきます。

夜明けも近づいてきたころ、風がかなり強くジグヘッド単体では厳しくなってきたので
磯際のサラシができている箇所へラリー1.8inのフロートリグを打ち込んで表層をひいてくると
先ほどラインブレイクしたのと同じような引き。

なんとか耐えていなし、無事ネットに収まったのはこれまで見たことないようなメバルでした。

IMG_0681.JPG
IMG_0683.JPG

ドキドキしながら計測してみると尺(30.3cm)をギリギリ上回る30.5cmでした。

初尺が釣れたということもありもうやめようかと思いましたが余韻の残る中再びキャスト。
ワームは一番信頼を寄せているカッティングベイト2インチハードにチェンジ。
先ほど釣れた磯際からは微妙にずらし、同じように波が砕けている場所の引いてきます。
すると再び激しいアタリが出ました。

すぐに根から引きはがすようにごり巻きし、
根に擦られそうになるといなしてネットイン。

IMG_0693.JPG
IMG_0688.JPG

先ほどよりサイズアップした32cmでした。

できすぎた結果に流石にこれ以上釣りする気にはなれずこの日の釣りを終了としました。


ロッド:カンジインターナショナル Clicks CLAP80 sensitive
リール:シマノ 10ステラ2000
ライン:サンライン スモールゲームPE 0.4号 + シーガーグランドマックス 1.5号
ルアー:ラリー1.8in、オクトパス、カッティングベイトハード2in ジグヘッド
    ラリー1.8in、カッティングベイトハード2in フロートリグ(Fシステム)+0.5gジグヘッド

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
posted by ageha at 00:00 | Comment(0) | 尺メバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

舞鶴ジギング

2/17

舞鶴のノースポイントさんにてジギング。

まずは沖の根周りで青物を狙ってみます。
鳥が飛んでおり、たまに魚も頭を上げていましたがベイトが小さい為か反応はなし。

しばらく狙ってみても反応もなく、また予定より早く風も吹き出したので
湾口のサゴシ・サワラ狙いへと移動しました。

とりあえずキャスティングで釣れないかと思いトップやミノーを投げてみます。
魚が沈んでいるようで反応がなかったのでワインドを投げて底からしゃくり上げてくると
バイトがありましたがエアーノットができていて合わせ切れ。

底付近でのバイトだったので通常のジギングに切り替えてボトム付近を狙うとポロポロと釣れだしました。

IMG_0667.JPG

快調に6匹ほどヒットしていたのですが途中からヒットカラーがシルバー系に変わり、
チャート、赤で通してみましたが追加ならずでした。

ロッド:MCワークス REAL FUSION RF651LR
リール:ダイワ 11ソルティガ 4000H  
ライン:よつあみ ウルトラジグマンX8 2号+シーガー FXR船10号
ルアー:Victim swimmer 98g

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
posted by ageha at 00:00 | Comment(0) | ジギング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月12日

南紀尺メバル

2/12

前日から引き続き南紀メバル2日目です。

まずは昼間下見をして良さげだった太地エリアのテトラからスタート。

底荒れして濁りが入っている為か何の反応もなかったので
前日唯一釣果のあった串本のフラット磯へ。
うねりは前日より激しさを増しており丁寧に探りましたがガシラ一本で終わりました。

IMG_0666.JPG

去り際に水中を照らしてみましたがかなり濁りが入っておりました。

また条件の良い時に再び挑むことを決意して帰路につきました。

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
posted by ageha at 00:00 | Comment(0) | 尺メバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

南紀尺メバル

2/11-12

南紀まで尺メバルを求めて釣行してきました。

南紀でメバルを狙うのは初めてということと、
天候条件があまりよくなかったのでポイント開拓をメインに各所チェックしました。

まずは串本の昔イカで訪れたことのあるフラットな磯にスリットが絡む場所からスタートしました。
うねりが結構入っており、シャローは厳しそうです。

しばらく釣りましたが反応がないので紀伊半島の東側を少し北上します。

太地エリアで地磯メインにやりますが反応は得られず。
こちらもうねりがきつくどうやら底荒れしているような感じでした。

結局最初の串本のポイントに戻りスリットの中でも
うねりが奥まで入り込んでいないスリットを
中心に丁寧に探っていくと待望のアタリ。

フッキングした瞬間に飛んできたのは予想外の10cmほどのメバルでした。

IMG_0663.JPG

何はともあれメバルがいることは確認できたのでその磯を丁寧に探っていきます。

そして再びバイトがあり21cmをキャッチ。

IMG_0665.JPG

狙っているサイズではないものの、このサイズがいるということは付近に尺もいる可能性があります。

風とうねりの中朝まで頑張ってみましたがガシラを追加したのみでした。

明け方はヒラ狙いで少しサラシにキャストしてみましたが
荒れすぎですぐに断念しました。

ロッド:ダイコー タイドマーク ロイヤルライト TMRLS-77/S03M
リール:シマノ 10ステラ2000
ライン:サンライン スモールゲームPE 0.4号 + シーガーグランドマックス 1.5号
ルアー:ベビーサーディン2in ジグヘッド

ロッド:天龍 ルナキア 93M LKT93M
リール:シマノ 10ステラ2000
ライン:サンライン スモールゲームPE 0.4号 + シーガーグランドマックス 1.5号
ルアー:ベビーサーディン2in ジグヘッド

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
posted by ageha at 00:00 | Comment(5) | 尺メバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

淡路島メバル

2/3-4

淡路島の北東部で短時間だけメバルを狙ってきました。

北西から西よりの風だったので風裏となるエリアのはずでしたが
風が強い為が巻いており無風とはいきませんでした。

潮の向きはよく、連発するかと思いましたがそれほどでした。
同行者に25クラスがヒットしていたので条件は悪くないようですが、
数が伸びませんでした。

刻一刻と変わるヨレの位置を探しながら釣って行くのが釣果に繋がりました。

IMG_0662.JPG


ロッド:カンジインターナショナル Clicks CLAP80
リール:シマノ 07ステラC3000 + 2000Sスプール
ライン:サンライン スモールゲームPE 0.3号 + シーガーグランドマックス 1号
ルアー:ベビーサーディン2in、カッティングベイト2inハード、活メバルシラス フロート+0.4gジグヘッド(Fシステム)
マナティー38 2.5gジグヘッドワインド

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
posted by ageha at 00:00 | Comment(0) | メバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

淡路島・鳴門メバル

1/31-2/1

この日も鳴門へ。

日没後から日付が変わる頃まで各所の様子を見て回りましたが
週末ということもあり人も多く、また魚の反応もそれほどよくなかったので
淡路島に移動してランガンしていきました。

しかしどんどん潮も下げてきて条件が合わず尻すぼみで終わってしまいました。


ロッド:カンジインターナショナル Clicks CLAP80
リール:シマノ 07ステラC3000 + 2000Sスプール
ライン:サンライン スモールゲームPE 0.3号 + シーガーグランドマックス 1号
ルアー:34 オクトパス 1.8in フロート+0.4gジグヘッド(Fシステム)

ロッド:ノリーズ スローリトリーブ SR80 Kガイドモデル
リール:ダイワ 10セルテート2004+V.A.Eエリア40mm+IOS アクリスタノブ
ライン:サンライン ベーシックFC 2lb
ルアー:マゴバチ、ワームカットSS スプリット

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
posted by ageha at 00:00 | Comment(0) | メバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。